09
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30

 
スポンサーサイト
--.--.--.-- / Comment:× / trackback:× / スポンサー広告
 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
 
小人の国
13.04.2010.Tue / comment:0 / trackback:0 / 未分類
 
またまた数日前のmixi ニュースから。



中国・雲南省の「小人の国」テーマパークが注目集める  (サーチナ - 04月09日 18:23)

こびと


昨年9月に中国・雲南省でオープンしたテーマパーク「世界胡蝶生態園」内にある「小人の国」が世界的な注目を集めている。ユーチューブ(YouTube)では「小人の国」の様子をレポートした動画をAFPが公開した。

「人気集める低身長の人びとによるテーマパーク、 中国」というタイトルのレポート動画には、低身長者の「住民」たちが様々な衣装を着てパフォーマンスを披露する様子や、運営者や「住民」たちのインタビューが収録されている。運営者は設立の目的を低身長者たちの安住の地を提供するためと語り、「住民」達はこれまで一般社会で経験した差別などの苦難と、現在の生活が幸せであることを語っている。そしてレポートは、今後規模拡大を目指していると結んだ。

地元雲南省のメディアによると、「住民」は全国各地からやってきた100名ほどの身長130センチメートルに満たない低身長者たちで、テーマパーク内に住み込みんでそれぞれ分担された作業を行い、給料をもらっているという。給料は毎月1人あたり平均1400元(約1万9000円)で、パーク内の警備員やスタッフよりも高い金額だそうだ。

パークのマネージャー、陳明鏡氏は「私は商人であり、我々は企業だ。慈善団体ではない。我々の目的は障がい者が自分たちの生存空間や尊厳の問題を解決することを手伝うことであり、単にお金をあげるというものではない」と語り、外部から挙がっている「障がい者を利用して観光客の好奇心を満たす金儲け」という疑問の声を「我々は自分たちのことをするだけ」と全く相手にしていない。

「生活が安定した」「誰からも笑われなくなった」「ここに来てよかった」と語る「住人」たち。「小人の国」では、彼らは尊厳を持って生き生きと生活しているように見える。(編集担当:柳川俊之)




そのYoutubeはこちら↓↓

http://www.youtube.com/watch?v=_Y_ZVPedjPY


いろいろ意見はありそうなトピックですが、本人達が生き生きと好んでしているのであればそれが一番なのかなとは思いますけどね。
 
Theme:中国 / Genre:海外情報
   


 内緒にする
♪ http://pannnnnda.blog48.fc2.com/tb.php/29-d2e0f41c
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。