10
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31

 
スポンサーサイト
--.--.--.-- / Comment:× / trackback:× / スポンサー広告
 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
 
カードビル
21.04.2010.Wed / comment:0 / trackback:0 / 未分類
 
日本でも土地の構造上、そこに建てられている家やビルの一部がものすごく狭くなっていたり、細くなっていたりというような変わった形の家を見ることがあります。
たぶん建物好きな人の中にはそういう家・ビルがツボっていう人もいるんじゃないでしょうか?
そんな人に見せたいのが、北京のカードビルと呼ばれるこのビル!
80センチの幅部分の外壁にもちゃんと窓がついているそうです☆




「それじゃダメじゃん」…北京の威風堂々“見てくれ”ビル
4月12日9時26分配信 サーチナ
 http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100412-00000006-scn-cn


北京市豊台区内の建物が「カードビル」などと呼ばれ、中国のインターネットなどで話題になっている。同ビルは敷地の形状の関係で、大通り側から見て左側が極端に薄いが、「見てくれ」だけの目的で、窓などがつけられた。中国新聞社などが報じた。

同ビルは国家統計局や北京市宣武区国税局の職員宿舎として1990年代に立てられた。問題視されるようになったのは、最近になってから。最も薄い部分は80センチメートルほどしかなく、建物の構造として意味がない。単なる壁だ。右側部分には入居用の部屋があるが、住民によると、住み心地に、特に問題はない。

正面から見ると「威風堂々」たる外観だが、横からみると、左側部分は単なる壁。意味のない窓が整然と並んでいることで、かえって「情けなさ」がこみ上げる。

北京市建設設計研究員の張〓技術員は、敷地の形状などのため、建物に極端な鋭角部分があるのは、極端に珍しいケースではないと説明。建築物としての質にも関係ないという。(〓は女へんに「亭」)(編集担当:如月隼人

card.jpg



ちゃんと右側部分には居住スペースがあるということで、実際のその部屋の中の写真を見てみたいですね!
居住者はこの80センチ部分をどんな風に使っているか気になります。
クローゼットとかですかね。
去年のニュースですが、他にも、極端な狭幅の部分にも外壁には窓がつけられているビルを取り合げたニュースがありました。






【中国ブログ】最強の“見かけ倒しビル”にあきれる声
Y!【社会ニュース】 2009/08/04(火) 17:55
http://news.searchina.ne.jp/disp.cgi?y=2009&d=0804&f=national_0804_032.shtml


中国のポータルサイト「鳳凰網」の投稿ページ「鳳凰網論壇」は4日、「猪漂漂(ハンドルネーム)」さんの写真と文章による「中国で最も強気な見かけ倒しビル」を掲載した。同投稿には、多くの「あきれる声」が寄せられた。

「猪漂漂」さんは写真5枚を投稿した。正目から見ると8階建ての堂々たるビルだが、横から見れば、多くの部分が1.5メートル程度の壁だけであることが分かる。壁部分にも「窓」が作られている。

問題の建物は四川省成都市にある残疾人連合会のビルだ。残疾人連合会は、身体障害者の支援活動を行う公的団体。「猪漂漂」さんによると、同連合会の関係者は、実質を伴わない壁や窓を作った理由を「美観のため」と説明した。しかし、正面からでもよく見れば、「壁の窓」の向こうには明るい空が見える。もちろん、横からは「見かけ倒し」であることがまるわかり。さらに、脱落している「窓ガラス」もあり、安全面でも問題がある。

「猪漂漂」さんは、「これで芸術効果を追及したものなのか」との疑問を示した。中国ではこれまでも何度か「見掛け倒しビル」が批判の対象になったという。

同掲載には、「政府予算の無駄遣い」、「人民の金は金でない。どんどん使う」、「官僚のやることだからな」、「資本主義は人が人を搾取する。社会主義は人が人を食い物にする」、などの批判が寄せられた。

「切片式施工法による、世界最先端の建築です」、「中国人は面子(メンツ)を重んじる。世界ナンバー・ワンでございます」、「貧苦に喘ぐ兄弟たちよ。革命だ」、「資本主義は人が人を搾取する。、社会主義は人が人を食い物にする」、「GDPが伸びた? 給与水準が上がった? ははは」、「後ろの部分は、だれかが食っちまったんだろうよ」などの皮肉もある。(編集担当:如月隼人)

national_0804_032.jpg




こちらの方も多くの部分は1.5mってことなので、これも一部分はちゃんと幅がもっとあって、建物として使われてるってことですよね。
写真だけだと幅が広くなっている部分見えないのでなんともいえませんが。

ちなみに、TV東京で放送されている、「空から日本を見てみよう」という番組、
結構好きなんです。
そこにトンガリ計測部という、一部分がかなり狭くなっているビルのトンガリ角度を取り上げたりしているのですが、このニュースを見て思い出しました。

tongari_img.jpg

DVD、欲しいなと思ってます。笑
東京湾一周とか首都高とか山手線上空とか、結構面白いんですよ!

「空から日本を見てみよう」↓
http://www.tv-tokyo.co.jp/sorakara/
 
   


 内緒にする
♪ http://pannnnnda.blog48.fc2.com/tb.php/38-630b672a
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。