07
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31

 
スポンサーサイト
--.--.--.-- / Comment:× / trackback:× / スポンサー広告
 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
 
バブルティー
09.03.2010.Tue / comment:0 / trackback:0 / 未分類
 
バブルティーって聞いたことありますか?
実は私バブルティーが大好きで見つける度に立ち止まってしまいます。

バブルティーっていうのは、ブラックタピオカのドリンクのことで、
留学していたカナダのダウンタウンやチャイナタウンに行くと専門のチェーン店があって、
夏の週末の楽しみといったらそればっか。
回数券みたいなのを買ったほどです。
またダウンタウン店のアジア系カナダ人の店員さんがイケメンで

私が通っていたところは、
スタンダードなアイスミルクティーにブラックタピオカが入ってるものから、
いろいろんなお茶の種類やフルーツ味の種類があったり、
あとはタイプもいろいろあって、ラテ系のミルクもの、カキ氷みたいなしゃりしゃり系、
シャーベット系、アイスコーヒーフロート系、ホットとかいろいろな種類があって何度行っても楽しめます。
(http://www.bubblicity.com/)
私のお勧めはストロベリーシャーベット・ブラックタピオカ入


日本ではブラックタピオカミルクティーとかパールミルクティーとかでよく見かけますよね。
ご存知の方も多いと思いますが、ブラックタピオカミルクティーは台湾発祥の飲み物です。
アイスミルクティーに大粒のタピオカが入ってて、
太めのストローでタピオカの食感を楽しみながら飲むっていうのがもっともスタンダードなものです。

bubbletea.jpg


Wikipediaによると、
台湾をはじめ日本や中国、韓国、東南アジア諸国、北米、アフリカでも販売されている。
中国語圏では珍珠奶茶(zhēnzhū nǎichá)、波霸奶茶(bōbà nǎichá)、
北米ではbubble tea、black pearl ice teaなどの呼称で販売されている。
台湾、日本などでは「QQドリンク」と呼ばれることもある。

一般的には砂糖を多めに入れたミルク入り紅茶に大粒のブラック・タピオカパールと氷を入れて混ぜ、
タピオカパールの直径よりもわずかに太い極太のストローで飲む。
店や地域によっては緑茶や烏龍茶でミルクティーを作ったり、
熱帯の果物などを紅茶と一緒にミキサーにかけたり、暖かくして飲んだりと、
さまざまなバリエーションがある。
台湾では持ち帰りしてもこぼれないようフィルムで密閉して客に渡すスタイルが一般的。

6a00d83451681069e200e54f06f9688833-800wi.jpg

そして歴史もWikiに書いてありました。
タピオカティーの発祥には二つの説がある。
1983年に台湾台中市の喫茶店春水堂のオーナーである劉漢介が
「清涼飲料水に対抗できるような中国茶」として誕生させたという主張である。
二つ目が台南市の喫茶店翰林茶館のオーナー涂宗和が由来であるという説である。

台湾でも当初はあまり評判は良くなかったが、
日本のテレビ番組で紹介されてから急速に人気が沸騰、
他の店でもメニューとして取り入れる所が次々とあらわれ、
登場からわずか10年程度で台湾の国民的な飲料の一つとなった。


だそうです。

日本でも最近ではお祭りの屋台とかコンビニでも買えるし
中華街だけではなく、専門店など増えてきましたよね。
みなさんもお気に入りの味・タイプを是非見つけてくださいね!

images.jpg
 
Theme:中国 / Genre:海外情報
   


 内緒にする
♪ http://pannnnnda.blog48.fc2.com/tb.php/8-28906cfe
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。